アラキドン酸の有害物質作成と抑制
EPA

アラキドン酸の有害物質作成と抑制

私たちの脳は非常に優れており、たくさんの指令を休むことなく身体の隅々に与えています。
脳細胞が活発に生まれ変わりをしている時、新しい学習も進みやすくなりますし記憶力も高まります。
脳細胞の働きは乳幼児期に急激に発達し、年齢と共に徐々に衰えていきますが、この衰え方には個人差があります。
個人差はどうして生まれるのか、というと実は大きく食生活が関わっているとされているのです。
アラキドン酸を含む食事をきちんと摂取しているかどうか、は脳細胞の生まれ変わりに大きく関わるので、肉・魚・卵類を食べることはとても大切なことなのです。
でもこうした食材を多く食べると、身体に負担があることも重々みなさんは承知なのではないでしょうか。

アラキドン酸は体内に入ると、カスケードと呼ばれる経路を生み出します。
この経路を通していわゆる二次成分が作成されていくのですが、中には気管支炎などの身体に悪影響を与える成分への変換も行われます。
これらは代謝物の1つであり、摂取をすると生み出される事実は否定ができません。
気管支炎は乳幼児も炎症を起こす可能性が高い病気のため、長い間医薬品の研究が進められてきました。
そこで、アラキドン酸カスケード内から生み出される代謝物を抑える医薬品の開発に成功しています。
肉類の過剰摂取はこうしたカスケード内の代謝物を増やしてしまいがちですが、その他にもドロドロ血液や動脈硬化、脳卒中などのリスクも高めます。
身体に必要な成分ではありますが、脂質の摂り過ぎは肥満の視点からも禁物です。
肉類や魚類を食す場合に脂質を茹でる、蒸すなどの方法で落としながら調理しても、十分に摂取をすることは可能です。
もしも食事でもっと意識的に成分摂取をしたい場合には調理方法を工夫すると良いでしょう。
必要な成分である以上、創意工夫をしながら成分を体内に取り込んでいくことが大切です。
代謝物を抑制する医薬品を活用しながら、病気の治癒を目指すのも1つの対処法です。