アラキドン酸のヒト合成
EPA

アラキドン酸のヒト合成

私たちの脳は、胎児として母体に漂っているときから成長を始めます。
妊娠5か月を超えると人間としての根幹は出来上がり、脳細胞の進化も始まります。
お腹の中にいる段階で、外部の音の認識も出来るように成長できるのは、人間としての複雑な脳の開発が進んでいくからです。
この脳の成長にはいくつもの成分が栄養源のように必要になります。
特に脂肪酸は大きな役割を果たしており、必須脂肪酸は必ず体内に取り込むべき成分です。
でも常に食べ物で摂取することを意識し続けるのは難しいものです。
成分をヒトの体内で合成出来れば良いのに、と感じる人もいらっしゃるかもしれないですね。
そこで、今回はアラキドン酸のヒト合成についてお話しましょう。

アラキドン酸は私たちの体内では合成はしにくいものなのですが、出来ないわけではないのです。
実はリノール酸を糧に合成することは可能です。
リノール酸は油などに含まれる成分なのですが、摂取をすると体内でアラキドン酸へと変化をすることは出来ます。
しかし、では食事に頼らず油を摂取すれば良いか、と聞かれれば答えはノーと言わざるをえません。
油はアンチエイジングの大敵である、と女性ならピンとくるのではないでしょうか。
油分の摂り過ぎは身体の中でエネルギーや良質な成分に変わる前に、なんと酸化してしまうのです。
酸化すると成分へは変化できなくなります。
つまり、アラキドン酸のヒト合成を狙い油を積極的に摂取するのはリスクがある、という事を意味します。
このような酸化現象を身体の中で繰り返していると、内臓年齢が実年齢よりも悪化したり場合によってはガンに至る場合もあります。
アラキドン酸を正しい分量で摂取するには、きちんとした食事で行うのがベストなのです。
でもどうしても不足感がある、という場合にはサプリメントも登場しています。
食事量を制限されている方、年齢で食べる量が低下している方はサプリメントを通して摂取してみてはいかがでしょうか。