アラキドン酸とオメガ
EPA

アラキドン酸とオメガ

あの人は何だか同世代よりもテキパキしている、そんな堅実で聡明な人は年齢を重ねてもきらりと光っているものです。
でも、どうしてこうした年齢に負けない身体を手に入れることが出来るのでしょうか。
方法はいくつもありますが、一番大切なことには脳の働きです。
せっかく内臓や筋肉が元気でも、脳が不健康な状態ですと脳梗塞や認知症など脳特有の病気を招くことになります。
いつまでもきらりと光る人で居るためには、脳の健康を維持していくことはとても大切なのです。
そこで、脳に効くサプリメントなどが様々な製品として提供されていますが、本当はどれが効果的なのかわからないまま試している人も多いでしょう。
よくDHAなどの成分がクローズアップされていますが、近年WHOも積極的にアピールしている成分は「アラキドン酸」です。
アラキドン酸は不思議な成分で、摂取することで脳の活力源にもなりますが同時にカスケードと呼ばれる代謝を起こし、身体に負担となる成分を生み出すのも事実です。

アラキドン酸は主に肉や卵に含まれますが、年齢ともにこうした油っこい食材は摂取するのが苦手になります。
そこで、画期的な摂取方法といわれているのがサプリメントです。
サプリメントなら無駄な脂肪を摂取せずに体内に取り込むことが出来るので、豊かな成分を健康的に取り込めます。
最近では有名メーカーがオメガ酸を加えた成分を提供しており、オメガ酸とアラキドン酸の相性にも注目がなされるようになりました。
オメガ酸とは実はアラキドン酸も含んでいる成分で、不飽和脂肪酸の中に含まれます。
肉類に置く含まれるアラキドン酸の他に、DHAやEPAもオメガ酸の仲間です。
これらはすべて脳に必要な成分として知られており、同時に摂取をすることで脳をさらに活性化し、いつまでも健康的な脳でいられるといわれています。
特にEPAは血液をサラサラにするともいわれており、動脈硬化になりやすい中高年層にピッタリの成分なのです。
両方を同時に摂取し、若さを守りましょう。