EPA

EPAとアラキドン酸

アラキドン酸に注目が集まるようになり、健康番組などの特集でも脂肪酸に関連する話題が増えてきました。
人気のある健康番組でも不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸の違いなどが語られるようになりました。
そこで、脂肪酸に対しての関心を抱く人が増加傾向にあります。
意識的に食事を準備したり、不足感がある人はサプリメントを活用したりしているのではないでしょうか。
そこで、気になる組み合わせがあります。
それはアラキドン酸とEPAの組み合わせです。
この2つの成分は一緒にサプリメントに配合されていることがあるので、製品パッケージに一緒に名前が書かれているのを見かけます。
これには深い理由があります。
この2つの成分とも同じジャンルに属している脂肪酸で、ジャンル名は「多価不飽和脂肪酸」です。
このジャンルに属している脂肪酸には大きな役割があります。
それは脳に関係する細胞を生み出したり、支えたりするというものです。
多価不飽和脂肪酸は万能な成分で、飽和しないので身体の中で順応に変化していきます。

EPAは最近魚に含まれる脂質に含まれる万能成分として知られるようになりました。
免疫の部分で活躍していることがわかってきたからです。
でも不足しがちな成分であるとも言われており、魚を好んで食べない人は特に不足の傾向があります。
そこで、サプリメントの需要が急速に拡大しているのです。
また、EPAは血液をサラサラにする効果もあるとされ、脂質にも関わらず摂取をすることで血液の流れがクリーンになるという期待も出来ます。
アラキドン酸は摂取が出来る供給源が肉類中心のため、動脈硬化や血液のドロドロ化を招きやすくなります。
しかし、この2つの成分をセットで摂取することでこうした欠点をEPAがカバーできるのです。
そのため万能な成分としてこの2つが配合されるサプリメントが増加してきました。
肉や魚をバランスよく食するのが理想的なのですが、サプリメントの力も大変有効です。
是非試してみてくださいね。